ママ&子供用の2019年人気日焼け止めベスト3選!クレンジング不要&肌に優しい

2018年ママと子供のための日焼け止めベスト3選!

夏休み、子供につきあって外遊び三昧でも絶対に日焼けしたくない人必見

管理人は子供が2人いますが、まだ親と一緒に外で遊びまわりたいお年ごろです。

夏休みは子供と公園、プール、海、山とアクティブに外へ出かけるので、親子ともに日焼け止めは必須。山なら長袖も着て行きますが、肌が露出している部分は真っ黒になってしまいます。

子供ができるまでは日焼け止めに気をつけていたママでも、幼児のパワフルな遊びにつきあっていると夏の間に真っ黒になってしまうかもしれません。

紫外線対策はやっぱり日焼け止め。

最近はジェルや乳液タイプのクリームなど、サラッとしていて使用感の良い物がブームになっていますね。私ももちろん、ママ友も使っているのがこのタイプ。でも、本当にこの日焼けで大丈夫でしょうか?

まだ夏が始まったばかりですが、外遊びはこれからが本番!この夏を日焼け止めで乗り切りましょう!

夏を乗り切るおすすめの日焼け止めを今すぐ見てみる

肌が弱い、塗るのが面倒な人は飲む日焼け止め「インナーパラソル」がオススメ!

TONE-UPでは、雑誌のランキングやコスメ情報サイトで評価が高く、人気もあるものの中からママや赤ちゃんにぴったりの日焼け止めを3つ選びました!

例えば、幼児と一緒に炎天下の遊びでも絶対焼けない・敏感肌でも安心のノンケミカル・0歳赤ちゃんと一緒に使えるなど。もちろん忙しいママのために、専用クレンジングが不要な日焼け止めからチョイスしていますよ!

ポーラホワイティシモなら美容液テイストの日焼け止めで潤い◎美白ケア◎UV対策もちろん◎

2013年の発売から、美白ケアもしつつ保湿もしつつ日焼け止めは超強力でお願いします!というわがままな女性に人気のポーラホワイティシモUVブロックシールドホワイト。

ナチュラルハーブの香りは虫が苦手な香りということで、夏フェスや山にはもちろん、汗や水にも強いので海やプールでも大丈夫。

聞いたことのない通販ブランドではなく、老舗のカウンセリング化粧品ブランドなので安心できますし、価格は高く感じますが顔だけ利用なら120日分と、意外とコスパよし◎です。

普段はドラッグストアで買える安価な日焼け止めを使って、ここぞという日にはホワイティシモ、と使い分けるのも良いですね。

外で遊びまわる年頃の幼児がいるママなら、必携の日焼け止めです!管理人は幼稚園のおむかえなどの平常時はビオレさらさらアクアタッチ、外遊びや長時間のお出かけの時はホワイティシモを使っています。例年2016年の夏で1本使い切ったんですが、かなり良かったので2017年の夏も、今年の夏もまた買いました!今年3年目です!

はっきり言って海や山ならビオレじゃだめです(2015年に検証済み、めちゃくちゃ焼けました)、去年も焼けてないし、今年もまだ焼けていませんっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ホワイティシモ

ポーラ ホワイティシモ サイトで購入する

UVブロックシールドの使用体験レビューを読んでみる

  • 商品名…ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト
  • 容量…50ml
  • 価格…3,800円
  • メーカー…POLA(ポーラ)
  • SPF、PA …SPF50、PA++++
  • どんな日焼け止め?
    美白有効成分のビタミンC誘導体ブライトカプセルや、保湿成分のヒアルロン酸などを配合した、美容液タイプの日焼け止めです。化粧下地にもなり、海や山など炎天下で汗がでるような場所でも落ちにくいウォータープルーフなのに、専用のクレンジングが不要なのが嬉しいです。

ヴァントルテミネラルUVクリームはノンケミカルウォータープルーフだから敏感肌さんでもOK!

「ミネラル」とは、天然のミネラル(鉱物)で作られたものをさしていて、リコーンやタルク、オイル、界面活性剤が不使用で お肌に優しい特徴があります。クレンジング剤も不要で、 お肌への負担もかからないことから、デリケートな肌のひとに人気があります。

ヴァントルテミネラルUVクリームは、ウォータープルーフでありながらもデリケートな肌を紫外線から優しく守るノンケミカルのUVクリームです。「ノンケミカル」とは、日焼け止めによく使われる成分の紫外線吸収剤を使わず、紫外線散乱剤だけを使ったものをいいます。

肌に負担のかかる成分は不使用で、紫外線吸収剤も使っていないUVクリームの中ではかなり評価の高いミネラルUVクリーム。日焼け止めを塗ることで肌トラブルがあったひとも、一度試してみてはいかがでしょうか?

ヴァントルテ ミネラルUVクリーム画像

ヴァントルテミネラルUVクリームを公式サイトで購入する

  • 商品名…ミネラルUVクリーム
  • 容量…50g
  • 価格…2,500円
  • メーカー…VINTORTE(ヴァントルテ)
  • SPF、PA …SPF50+、PA++++
  • どんな日焼け止め?
    デリケートな肌を紫外線から優しく守るノンケミカルのUVクリーム。乳液のようなテクスチャで、白浮きしないなめらかな使い心地も人気の秘密。妊娠などをきっかけにファンデをミネラルファンデに変更したママにもおすすめの日焼け止めです。

アロベビーなら赤ちゃんとママの紫外線対策&虫除け対策が1本でOK!

100%天然由来成分で純国産、合成紫外線吸収剤・ディートは不使用。無添加・無香料・無着色で、0歳の赤ちゃんから使えるミストタイプの日焼け止めです。肌が弱いママにも安心の日焼け止めです。

赤ちゃんは外気浴・日光浴をすることで抵抗力が上がったり、さまざまな刺激を受けることで良い成長を促したり、夜間よく眠ってくれるようになります。しかし、日光浴をそのままさせるには赤ちゃんには紫外線が強すぎます(オゾン層破壊により、30年前にくらべて紫外線の量は7%増加しているとの報告があります)。

市販品に0歳から使える塗る日焼け止めはほとんどありません

市販で0歳から塗ることができる日焼け止めはほとんどないのをしっていましたか?赤ちゃん用品の多い赤ちゃん本舗や西松屋にも、0歳からと書かれているものは置いてありません。

0歳からOKのアロベビーは、まず著名人・芸能人ブログから人気に火がつきました。

動きまわる赤ちゃんにクリームタイプの日焼け止めを塗るのは困難ですが、アロベビーならミストタイプだから簡単。100%天然由来成分で、赤ちゃんがもし舐めても大丈夫。

0歳児がいるママは、そんなに外出できません。家の中でのUV対策や、ちょっとお買い物・散歩へ行く程度ならアロベビーでも十分対応できます。赤ちゃんの日光浴につきあうといっても数十分。SPF値の高すぎる日焼け止めは不要です(※SPF値は日焼けするまでの時間を延長する目安なので、短時間の外出であれば高い数値は必要ありません)。

長袖や日焼け止め手袋+赤ちゃんと共用の日焼け止めでサッとお散歩してくると良いですね。虫よけ対策もできるので、夕方の散歩にもおすすめ。

arobaby

アロベビー 国産オーガニックUV&アウトドアミストを公式サイトで購入する

  • 商品名…UV&アウトドアミスト
  • 容量…80ml
  • 価格…2,250円(まとめて買うほどお得になるセットあり)
  • メーカー…ALOBABY(アロベビー)
  • SPF、PA …SPF15、PA++
  • どんな日焼け止め?
    1本でUV対策と虫除け対策ができるミストタイプの日焼け止めなので、動き回る赤ちゃんにもつけやすく、忙しいママでもサッと使えて便利。白浮きせずに、お湯で流せるので手軽に使えます。
    100%天然由来成分で、合成紫外線吸収剤不使用、ディート不使用、無添加・無香料・無着色。

日焼け止めが必要な理由、単に「色が黒くなるのを防ぐ」だけじゃない!

肌が黒くて悩んでる人や、私のような地黒さんには日焼け止め=日に焼けるのを止める=黒くなるのを少しでも防ぐアイテム、という認識じゃないかと思いますが(笑)、紫外線を防ぐためのアイテムなんですよね。

紫外線にあたると肌が黒くなるのはもちろん、肌が乾燥するためシワやたるみなど老化の原因にもなります。

肌黒防止はもちろんのこと、老化を防ぐためにも、日焼け止めを塗って日に焼かないのが大事です。

2018年は塗り直しがいらない日焼け止め、スーパーウォータープルーフで万全!

従来の日焼け止めは、低刺激、サラッとしている、べたつかない、軽い、つけてない水みたいな使用感のものが人気が高かったのですが、難点はこまめに塗り直しが必要なこと。

ベタベタは嫌だから使用感を大事にしたいけど、でも、しょっちゅう塗り直しは嫌だよね!?ということでスーパーウォータープルーフなる日焼け止めが登場!汗や水に強く、塗り直しがいらないので注目を集めています。

しかし、強力な日焼け止めなら肌への刺激や、使い心地、石鹸で落ちるか、価格は高額じゃないかなども心配なところです。

適当に塗ったら焼けてしまいます!正しい日焼け止めの塗り方をおさらい

日焼け止め、もしかして適当に塗ってませんか?

少なく塗ると、パッケージに記載されたSPFやPA値通りの日焼け止め効果を得ることはできません。また、薄付けはムラのもと。塗ったつもりで外へ出てしまうと、部分的になんとなく黒くなってしまうことも…。かといって、たくさんつけすぎても効果はかわらないばかりか白浮きしたり、すぐになくなってしまいますね。

日焼け止めで失敗しやすいのは「塗りムラ」「塗りが薄すぎる」「途中で落ちてしまう」の3つです。次のポイントにきをつけて、失敗のない日焼け止めの塗り方をして紫外線を防ぎましょう。

  • 十分な量を手に取る(顔全体だと500円玉大が目安と言われています。塗るというより覆うって感じです、笑)
  • むらなくのばす(指先でつけるのではなく、手のひら全体で伸ばして。化粧水や美容液を浸透させるときのようなやり方がおすすめ)
  • 顔の横、耳、顎などは塗り残しが多いので特に注意する
  • 2~3時間おきに塗り直す(塗り直し用にはスプレータイプのものがあると便利)
  • 海やプールなどで使うときは、水で薄くなったりタオルで拭くことで落ちます。ウォータープルーフタイプでも油断せず塗り直しを。