生活習慣や食生活を見なおして美白・美肌をめざす方法

食事や習慣で美肌・美白になる方法

あなたは大丈夫?普段の食事や食生活が美肌に影響アリ

むぎ
しろたさん、最近肌が荒れてきてニキビも出てきたよ、なんでだろう?
しろた
ニキビだったら疲れやストレスだったり、食べ過ぎとかもあるみたいね。あと食生活とか、睡眠不足とか…。
むぎ
うーん、心当たりないなあ?食事もいつも通りだし。
いつもどんな食事をしているの?
むぎ
朝はパンとコーヒーでしょ、お昼はコンビニの弁当、夜はパスタとスープと一応カップサラダ買ってきて食べてるよ。普通だよね。
しろた
…。女子としていかがなものか…。
むぎ
えっ?何か言った?
しろた
いやいや、むぎちゃん、それは普通じゃないよ。いくら独身一人暮らし女子だとしても、もうちょっとバランスが良い食事をしようね。
むぎ
これバランス悪いの?野菜も食べてるよ?

しろた
じゃあ今日は美肌になるためのバランスがよい食事について勉強してみましょう!

むぎ
普通じゃなかったのか、、、わかりました!バランス良い食事を目指します!

美白に効く食べ物、これを食べると美肌になるというのはウソ?

テレビやインターネットで「美白に効く食べ物◎◎」「これを食べると美肌になれる」といった特集や記事をさかんに見かけますが、食べ物は薬ではないのでむやみにその食品ばかり取るのは良くありません。

なんでも食べ物に関連付けてしまうのはマスコミの影響も大きいでしょうが、肌が特定の食べ物で目に見えて良くなったり悪くなったりすることはほとんどないようです。やはりまずはバランスのよい食事をしていきましょう。(出典:よしき皮膚科クリニック銀座院長著 スキンケアの真実より)。

和食にチェンジして30品目を目標にするのが美肌への近道

理想の食生活として「一日に30品目をとりましょう」というのを聞いたことがありませんか。30品目は難しくても、色々な種類の食材を料理にとりいれることで健康はもちろん美容・美肌にも効いてきます。

では30品目をとるための食事とはどのようなものでしょうか。先のむぎちゃんのような食生活ではまず無理ですね。炭水化物に偏っていて野菜もカップ野菜ではビタミンなんて期待が出来ません(※野菜に含まれる天然のビタミンは空気に触れる時間が長いほど失われるため)。

30品目とるためには、洋食よりも和食のほうが実践しやすいでしょう。古くから和食には常備菜といって、作り置きをして2~3日かけて少しずつ食べるおかずがあります。

例えば、ごはん(五穀米などにすると繊維・ミネラルUP)、常備菜1~2品(煮物やおひたし、酢の物やつけものなど)、大豆製品(納豆や豆腐、味噌汁など)、余裕があれば肉か魚どちらか1品というのが理想的です。

これを3食全部は無理でも、1日の1食分だけなら取り入れられそうではありませんか?

日本人の肌がキレイといわれている理由

日本人は欧米人に比べるとニキビやシミが少なく、古来からも肌が美しい民族と言われています。また、老化も遅く、肥満も少ないです。その理由が和食といわれ、欧米では和食がブームになっているのはご存知ではないでしょうか。

和食は洋食に比べるとヘルシーで、たくさんのものを少しずつとることが出来ます。小分けパックされている納豆、手軽に必要な量だけ使える乾物、少量パックの野菜などをうまく利用して、一人暮らしでも少しだけ食生活に気をつけて美肌を目指しましょう。

美肌のためには生活習慣も大切

せっかく和食でたくさんの食材をバランスよく食べていても、生活習慣が乱れていては元も子もありません。
現代は深夜でも開いているお店がたくさんあります。またスマホの普及により布団の中でもインターネットや友達とおしゃべり、ゲームや電子書籍を読むなど、いくらでも夜更かしできる環境が整っています。

運動不足はよくない、と思っていても、交通手段が整っていたり地方では近所でも車を使う習慣があったりと、歩く機会が減っています。家の中で動く可能性がある家事ですら、家電がどんどんやってくれているので休日はほとんど歩かないという人もいるのでは。

このような生活をしていると、美肌はもちろん遠のきますし、健康面でも不安があります。よく眠り、適度な運動を心がけましょう。

美肌は一日にしてならず。
現代は肌や健康に悪い環境や誘惑がいっぱいありますので、少しだけ気をつけて生活をしてみるのが大事ではないでしょうか。

まとめ 地味だけど、バランスよく生活習慣を整えるのが大事

しろた
どう?とりあえずむぎちゃんの食生活は改善したほうがよさそうね。
むぎ
わかった!朝は納豆とご飯メインにして、昼か夜は定食屋さんで色々おかずがついてる食事をとるわ!
しろた
自分では作らないんだ(笑)。でも一歩前進だね。がんばりましょう!
むぎ
はーい!