日焼け・紫外線ケアのための美容用語集

日焼け、紫外線ケアのための美容用語集

日やけ止めのパッケージに書いてある「SPF50」や「PA++++」、見たことはあるけど意味を知っていますか?
このページでは、日焼けや紫外線にまつわる美容用語をまとめています。

SPF値(えすぴーえふち)

日焼け止めのパッケージなどに記載されている「SPF50」「SPF30」といった数値です。

SPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略語で、日本語では紫外線防御指数となります。
皮膚1平方センチに2ミリグラムの日焼け止めを塗って、紫外線のUVB(紫外線B波)による皮膚の赤みを測定して算出します。日焼け止めを塗った場所と塗らない場所を比較し、赤みが出るまでの時間をどれだけ伸ばす事ができたかを調べます。

一般的に、SPF15は日常生活、SPF30~50がスポーツなどに適している数値となりますが、つけ方や量によっても効果は変わります。

パッケージに記載された適量を守り、時間がたったり汗をかいたり、水に濡れたら塗り直すようにすると効果が出ます。
日焼け止めの上に日焼け止め効果のあるファンデーションなどを重ね塗りすると、SPF値を上げることができます。焼けたくない部分は、日焼け止め+ファンデなどでしっかり防御しましょう。

PA表示(ぴーえーひょうじ)

日やけ止め製品のパッケージなどに記載されている「PA++++」といった表示です。

PAとはProtection grade of UVA(プロテクション グレード オブ ユーブイエー)の略語で、UVAの防御効果の程度を表します。

SPF値はUVBに対する防御効果の数値ですが、PAはUVA(紫外線A波)に対する防御効果の指数となります。
肌はUVAに当たると黒くなります。日焼け止めを塗った場所と塗らない場所を比較し、黒くなるまでの時間をどれだけ伸ばすことができたかを調べます。

全く塗らない状態から2~4倍引き延ばす効果があるものを「PA+」、4~8倍なら「PA++」、8~16倍なら「PA+++」、16倍以上なら「PA++++」と「+」が多いほど効果が高くなります。

UVA(ゆーぶいえー、紫外線A波)

UVとはUltraViolet(うるとら ばいおれっと)の略語で、紫外線のことです。

紫外線にはA波・長波長紫外線(UVA)とB波・中波長紫外線(UVB)の2種類があります。A波は雲やガラスを通過し、肌を黒くする作用があります。

A波は炎症を起こしませんが、真皮まで入り込み、シミやたるみの元を作り出します。

UVB(ゆーぶいびー、紫外線B波)

UVとはUltraViolet(うるとら ばいおれっと)の略語で、紫外線のことです。

紫外線にはA波・長波長紫外線(UVA)とB波・中波長紫外線(UVB)の2種類があります。

B波は肌を赤くする作用がある紫外線です。皮膚の浅い部分に作用しますが、刺激が強く肌が赤く炎症をおこしてしまいます。日焼けによるヒリヒリ・赤みはB波が影響しています。

UVケア(ゆーぶいけあ)

UVとはUltraViolet(うるとら ばいおれっと)の略語で、紫外線のことです。紫外線から肌を守るためにケアをすることをUVケアと言います。

UVケア化粧品は、日焼けから肌の白さを守る日焼け止め化粧品、きれいに日焼けするための日焼け化粧品、日焼けした肌のダメージをおさえるための日焼け後化粧品の3種類があります。

NMF(えぬえむえふ)

角質細胞の中にある、天然保湿因子のことで、Natural Moisturizing Factor(ナチュラル モイスチュアライジング ファクター)の略語です。
NMFはアミノ酸のほかにPCA(ピロリドンカルボン酸というアミノ酸代謝物のひとつ)、乳酸塩、ミネラル、糖類などの物質でできています。

NMFは、取り入れた水分を保持する働きがあります。角質層の水分維持(15~20%の水分量が理想といわれている)をする重要な役割です。

セラミド

健康な肌の角層は、何層もの角層細胞が重なっています。
その角層細胞同士の間を脂質と水分の多層構造で満たしているのが角質細胞間脂質です。この角質細胞間脂質の約50%を占めているのが、「セラミド」です。セラミドが十分にある肌は乾燥や肌荒れに強い肌といえます。

コラーゲン

肌の水分を保ち、もっちりとした肌を作っているのがコラーゲンですが、体のいたるところに存在しています。皮膚はもちろん骨や血管などもコラーゲンでできています。成分はタンパク質ですが、全身のタンパク質の3分の1がコラーゲンでできていると言われています。

コラーゲンは分子構造が大きく、皮膚からは吸収されません。また、コラーゲンたっぷりとい言われている食事をとっても、胃でタンパク質に分解・吸収されてしまうため、直接肌の弾力がアップする効果があるかはわかりません。

ヒアルロン酸

真皮層にあるゼリー状の物質で、肌の水分を保持する役割があります。

コラーゲン同様、分子構造が大きいため、肌に浸透することはありませんが、水分を抱き込む性質があります。肌によくなじみ、角層の水分量を高めてくれる効果があるため、化粧水などによく配合されています。

ペプチド

2~100個のタンパク質が鎖状になった構造をしていて、アミノ酸とタンパク質の中間の性質をもつ成分です。

ペプチドは、元となるタンパク質や、食品の種類によって働きが異なり、大豆、魚類、牛乳など、それぞれ由来しているものにちなんだ名前がつけられています。(大豆ペプチド、ホエイペプチドなど)