塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いって?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いは?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違いって?

紫外線対策は塗る日焼け止めが一般的ですが、ここ最近「塗る」日焼け止めも人気が上昇しています。美容に関心の高い人や、モデル・芸能人の間では一般的になりつつありますが、飲むだけで日焼け対策ができるなんて、初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

私達が春~夏につかっている「塗る日焼け止め」と、これから一般的になりそうな1年中飲む「飲む日焼け止め」にはどんな違いがあるのかまとめてみました。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違い

形状は?

塗る日焼け止めは、体に塗ることで物理的に紫外線ダメージを防ぐ効果があります。
乳液タイプ、化粧水タイプ、ジェルやクリームなど体に塗りつけるものや、髪などにも使えるスプレーがあります。

飲む日焼け止めは、飲むことで体の中から紫外線対策をする効果があります。
サプリになっていて、タブレット(粒)タイプとカプセルタイプがあります。

効果は?

塗る日焼け止めは肌に塗ることで紫外線が肌に当たらないようにするのが目的です。紫外線があたると、肌の基底層にあるメラノサイトが肌を守るためにメラニン色素を作り出します。このメラニン色素を作り出す前の段階でブロックしようというのが「塗る」日焼け止めです。紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使って紫外線カットをしています。

適切な分量を肌にしっかり塗り、こまめに塗り直すことで高い効果が得られます。
塗り忘れや塗りムラ、汗などで落ちてしまうと効果はありません。

飲む日焼け止めは紫外線をブロックすることはできません。紫外線を受けた肌のダメージを軽減するのが目的です
紫外線で細胞が受けるダメージとしては、メラニン色素の増加でシミやそばかすに、感想によるしわなど「光老化」と呼ばれるものから皮膚がんまで幅広くあります。

適切な分量をきちんと飲むだけで、全身の紫外線対策ができます。

製造元は?

塗る日焼け止めは国産と海外産のものがあります。
ドラッグストアなどで手に入るものはほとんどが国産ですが、輸入コスメなどだと海外産のものがあります。国産のものだと敏感肌や赤ちゃん肌でも使える低刺激なものも多く販売されています。

飲む日焼け止めも、国産と海外産のものがあります。
数年前は海外産のものしかありませんでしたが、ここ1~2年で国産サプリが増えました。塗るものと違って口に入れるものですので、海外産のものは不安だと言う人でも安心して飲める商品が増えました。有効成分は天然植物成分で、子供でも飲めるものがほとんどです。

塗る日焼け止めのデメリットを解消したのが飲む日焼け止め

コンビニやドラッグストアでも簡単に手に入り、塗るだけという手軽さ、価格の安さから普及している塗る日焼け止めですが、上手に使うのは意外と難しいです。他に、汗などで流れてしまうと塗り直さないといけないなど、面倒な部分もあります。

こういったデメリットを解消したものが「飲む日焼け止め」となるわけですが、まず、塗る日焼け止めのデメリットにはどのようなものがあるのかまとめてみました。

塗る日焼け止めのデメリット

適切な量はかなり多い

紫外線対策試験で使われる基準量をもとに日焼け止めの数値は算出されています。
1平方センチあたり2mg使用した場合、SPFに書かれた数値の効果が出るというわけです。

この計算だと、顔全体に日焼け止めを塗り広げる場合、500円玉サイズの分量が必要になりますが、そんなにたくさんの量の日焼け止めをきちんと塗っている人はいるんでしょうか?

管理人がこれを知った時「今までケチって塗ってたのは全然意味がなかったのか!」と愕然としましたが、冷静に考えたら美白ケア化粧品の試供品で付いている「化粧下地」のパウチパック。あれ、1回分なんですけど手のひらに出してみるとかなり量が多いんですよね。アレくらいは塗らないとダメだってことなんですよね。

適量は注意点としてパッケージ裏などに記載されていますので、購入後はまず確認しましょう。

正しい塗り方がある

外出前に急いで塗ることが多い塗る日焼け止めですが、肌になじませるために外出の20~30分前に塗るのが効果的です。そして、先程の適量をしっかりムラなく、露出している部分に塗らないといけません。服との境目などは塗り忘れていたり、手が届いていなかったりすると、その部分はしっかり日焼けしてしまいます。

ベタベタする、気持ち悪い、匂いが気になる・くさい

塗る日焼け止めの触感や、塗った後の肌の状態が気持ち悪いという人も多いのではないでしょうか?また、日焼け止め特有の香りが苦手な人、敏感肌やキズなどがあって日焼け止めが塗れない人も少なくありません。

敏感肌・キズがあると塗れない

日焼け止めは低刺激のものが多いですが、キズがあるとしみますし、敏感肌やアトピーだと日焼け止めを塗ることで肌の状態が悪化したり、かゆみ・かぶれなどの肌トラブルへとつながることがあります。肌の状態が悪く、普段から軟膏やワセリンなどを塗っている人は、かかりつけのお医者様に相談してから使用したほうが良いでしょう。

手洗いや汗で落ちるので定期的に塗り直す

日焼け止めはウォータープルーフのものもありますが、通常のものは手洗いをしたり汗で簡単に流れ落ちてしまいます。プールや海でしっかり日焼け止めを塗っていても焼けてしまうのはある意味仕方のないことかもしれません。

ところでみなさんは手洗いのたびに塗り直していますか?日焼け対策をしているのに手の甲だけ黒くなってしまうのは手洗いに関係しているかもしれません。特に子供がいる人は手洗いの機会が多いのに、いちいち塗り直している暇がなかったりしますよね。

髪の毛や目のUV対策が難しい

髪の毛が紫外線でダメージを受けるのはなんとなく理解できますが(だから帽子をかぶったりしますが)、目からも紫外線が入ってきてシミなどの原因になるようですよ。目はサングラスで対策できますが、いつも帽子・サングラスで外出するのは恥ずかしくないですか?公園遊びなど、ガッツリ外にいるぞ!という日は対策できますが、ちょっとそこまで、ってときに帽子・サングラスは大げさな気がして管理人はできません。

ちなみに、目はサングラスしかありませんが、髪のUV対策は、スプレータイプのものを使えばOKです。

日焼け止めを落とさないと肌が荒れる

水や汗で流れてしまう日焼け止めですが、お風呂で石鹸で洗っても落ちないタイプの日焼け止めもあります。ウォータープルーフ系の強力なものは、水や汗では簡単に流れないようになっていますが、石鹸程度でも落ちないものになるとメイク落としが必要になります。メイク落としはドラッグストアの安いものでも十分ですが、毎日全身に使うとなるとけっこう肌荒れします。

かといって、きちんと日焼け止めを落とさないで寝てしまっても、翌日しっかり肌荒れしてしまうのがこわいところです。日焼け止めを塗った日は、石鹸やさしく落とす(落ちないならメイク落とし→石鹸)、その後しっかり保湿する、というのが大事です。

塗る日焼け止めのデメリットを解消した「飲む」日焼け止めサプリ

塗りムラチェック、塗り直しの必要なし

飲む日焼け止めは1日1回または2回、適量を飲むだけ。飲み忘れたらもちろん効果はありませんが、塗る日焼け止めで面倒な「塗りムラがないかチェック」や「こまめな塗り直し」は不要です。

塗る日焼け止めで塗りムラを出さないためには、服を着る前の状態で全身に塗り伸ばしてから、服を着るというのが効果的ですが、お風呂上がりでもない限りそんな面倒なことはできません…。

飲む日焼け止めなら、朝起きたときや朝食後など、いつも決まった時間に忘れないように飲めばOKです。忘れがちな人は、スマホにアラームセットしておけば大丈夫ですよ。飲むことで、全身カバーできますので、UV対策の難しい目や髪もバッチリです。

ベタベタしない・においもしない

サプリ特有のにおいがありますが、塗る日焼け止めと違って「ずっと臭っている」ということはありません。また、飲むだけですのでベタベタして気持ち悪いとか、服について汚してしまった、ということもありません。

カブれ・かゆみ・肌荒れしない

飲む日焼け止めはサプリ(健康食品)ですので薬と違って副作用はありません。敏感肌や、アトピーの人でも問題なく使えるのが塗る日焼け止めとの大きく違う点です。

水・汗で落ちない・クレンジングも不要

肌に塗るものではないため、汗や水の影響はうけません。ウォータープルーフでも焼けてしまいがちな海・山・プールでも効果が持続するので、飲む日焼け止めは紫外線対策の強い味方になります。

有効成分は天然植物系で安心

飲む日焼け止めサプリメントの有効成分は、大きく分けて2系統になります。

  • ヘリオケアやnoUV、やかないサプリなどの主成分である「PLエキス(フェーンブロック)」
  • ホワイトヴェールやP.O.L.C、雪肌ドロップ、メディパラソルなどの主成分である「ニュートロックスサン」

です。フェーンブロック(読み方がファーンブロックになっているものもあり)は、シダ植物から抽出したエキス、ニュートロックスサンはシトラスとローズマリー(ハーブ)から抽出したエキスとなっています。

このため体には優しく、子供でも使用できます。ただし、シダ植物にアレルギーがある人、エビ・カニ由来の素材をつかっているサプリもあるので、甲殻類のアレルギーがある人は購入前に確認をしておきましょう。

その他にサプリメント独自の美肌成分・美容成分として、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンDなどのビタミン類なども配合されています。

まとめ:塗るのがだめなら飲むのがおすすめ!

このように、普段つかっている塗る日焼け止めは意外と使い方が難しく、面倒なものです。手軽に買えるのは魅力ですが、「塗ってるけどいまいち効果がないんだよね…」と、さらなる紫外線対策を求めているなら飲む日焼け止めサプリがおすすめです。

飲む日焼け止めサプリのみでは不安だということであれば、肌に負担の少ない塗る日焼け止めを、一番紫外線の当たる部分(顔、肩、腕、手の甲、足の甲など)につけて、ダブルで対策してみてはいかがでしょうか?

飲む日焼け止めの一覧比較と、おすすめの飲む日焼け止めサプリはこちらになります。ぜひあわせてご覧ください。